「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:juncoism( 42 )

リア充ではありません

が、最近ブログ更新が滞りがちなjuncoismです。
すいませんね、どうもこんばんわ。

ブログに書くことがないっていうのもあるけども、書くまでもないこともあるって時もあって。
例えば、捻挫の経過とか。
職場で風邪がはやってるとか。
それはそれ、ここで言うことでもないかなと思って。

でも、リア充だから書いてないって訳でもなくて。
悲しいかな、そんなもんです。
多分、疲れが溜まりやすくなっていて、ブログ書いてる時間があまりないのかも・・・。

あ、でもでも、最近あまり電車の中でムカつかないようになりました。
見方を変える、を実践し始めてからかな~?うむ。
特に何があった訳でもなく、嫌なことされても、嫌味を持った思考回路にはなったかも。
健常者がやることが正しいこと、常識なのだとしたら、

「健常者の真似をしてるんだ」
っていう屁理屈が正当化されるのかな?なんて思ったりしてます。
嫌味でしょ~?自分でもそう思う。
嫌味っていうか皮肉かな?なんて思ったけど、そんなことはあまり気にも留めても仕方ないとも思うので、それが果たしていいのかどうかは分からない。
ニュアンスが微妙に人によって違うものに対して、解釈を主張するのはやめようと思ってるので。

めんどくさいから。否定されて上から被せられるように持論を展開されても。

ランキングに参加中です。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
[PR]
by juncoism | 2011-12-18 18:46 | juncoism

こだわりと執着

このテーマは大体多数派には使われないものだと普段は思います。

こんばんは、juncoismです。

しかし、ほじくり返してみれば、出て来るもんです。
意外かもしれませんが。
だって世の中でたまたまそうは呼ばれていないだけで、無意識にこだわりはあるんです。
えぇ、誰にでも。
多数派は自分たちのことだから、そう名付けていないだけです。

ただ多数派の場合、こだわりは執着と言っても良いのかなとも思います。


自分が必要ない、面倒だから、やっても誰からも何も良い印象はない…とか。

自分がわざわざやる必要なんてない、動いてあげることはするだけ無駄…とか。

私がここを先に確保したんだから、他人に入り込まれちゃ困る…とか。

はたまた、一本でも早い電車で時間に間に合うよう行動するために、無理やりねじ込んで駆け込み乗車する…とか。


人の気持ちを汲み取れるのが多数派のスゴいところなら、いわば現実は宝の持ち腐れなんだと言っても過言ではないのかもと思うのでした。
勿体無いよね〜、実際。
だってさぁ、こだわりがないのだから、周りが予想外のことをしたら臨機応変に対応出来るってことでしょ?
都合が良くないことも、急な変更も、別にイヤにも思わないんでしょ?

しかし、こだわりの意図に反しているから、文句が出るみたいです。
つまり、こだわりがぶつかった時点で、自分を正当化するというコミュニケーションができるらしい。

執着が生んだ自己主張の拡大解釈。
勢いは止まらないようです。
[PR]
by juncoism | 2011-11-17 21:16 | juncoism

声をかけない理由を考えた

こんばんは。
コミュニケーションに問題ありとされてるらしい発達障害の私がこんなテーマを考えていいのか?と思ったけど、結論はYES。

という訳で、声をかけない人の特徴は何か?を考えてみる
なんと言っても…

言わなくても分かる

と考えてる感じがすることだ。
自分が声をかけなくても、誰かが似たような考えを持っているはずだから、言葉はいらない。
多かれ少なかれそれを思えば、見ず知らずの人に丁寧な言葉なんていらなくなる。
だから声をかけない。
かける必要もない。
言わなくても察してくれて当たり前。
分からない方がおかしいとさえ思ってるんじゃ?と思わされる人までいる。

が、
もし、自分の意図した通りに動かなかったら?
思い通りにいかないことをやり過ごす人も勿論多いはず。
けど、意外といるのが…

意固地になる人。
ワガママを通す人。
いきなりキレる人。

…それって、総合すると、むしろコミュニケーション上手とは言えないのでは?
少なくとも、発達障害の当事者より優位に思うのは謎だということです。

コミュニケーションて、工夫するもんじゃないんですか?
工夫する必要があるから、社会性があるんじゃないですか?
社会性ってコミュニケーションが出来るから高まるんじゃないの?

そう思いました。
そう思ってました。

まぁでも、どうやら違う模様。
というか、そもそも上記を満たす人が、世の中の多数だったら、世の中平和ですもの。

しかし現実はそんなんじゃない。
だから、コミュニケーションで誰かの能力をはかるのは限界だと思うのでした。
[PR]
by juncoism | 2011-11-16 19:44 | juncoism

イレギュラーに八つ当たりする人、しない人

普段自分の思うようにことが進むのが当たり前、いや当然なのかなぁ。
そういう人、多いんじゃないかと思います。
おはようございます、普段あまり思うようにことが運ばないjuncoismです。

今朝はJRの煽りを受けて、東西線の遅延が発生しています。
そのことでイライラしているので、人を踏もうが押しのけようが、態度で不機嫌を表す人、結構います。

夕方もいるけど、朝は定時に着かないと遅刻になるから尚更ピリピリするようです。

本を読んで紛らわせている人もいるようですが、顔が険しいあたり、かなり不機嫌な模様。
あからさまにため息ついたりして、まわりに威嚇してきてます。
動物の本能…?

それをしたところで、周りの空気が悪くはなるけど、何の解決にもなりません。
当然、その後の仕事にもよくないのでは?と思うのですが、悪い現実が受け入れてられず、どうも諦められない模様。

どんだけ周りに完璧を期待してるんだか、自分は完璧じゃないと逃げ道を作ってる癖に(苦笑)。
ひねくれた私はそう思うのです。

自分は得手不得手があっても良いけど、周りは完全無欠じゃないとという不思議な思考回路。随所に見かけます。

それでもまぁ、自分のペースを保とうとする人もいるみたいですね。
そうなると、人の背中をテーブルにしちゃう人が結構います。
きっとこのタイプは、周りが少しでも迷惑に感じていても気にせず突っ走れるタイプかもしれませんね。露骨に威嚇しないので、平和なタイプかと思います。
ただ、周りに振り回されすぎないので、何かあったら間に合うかと言われたら…微妙(笑)。

同じ無神経でも、鈍感な方が、イレギュラーには強そうな感じがする朝なのでした。
ちなみに、鈍感じゃない人は、敏感を通り越して過敏です。
私も過敏だけど、ちょっと意味が違うと思います(願望)。

まぁ、過敏の話は別の機会があればそちらで。

それでは〜
[PR]
by juncoism | 2011-11-15 08:59 | juncoism

ぶつかりながら進め

歩いていて何もないところで、よく転んだりこけてます。
おはようございます、juncoismです。

どっかで聞いたのは、この習性というか、このパターンは発達障害の特性があれば珍しくないんだとか。
ほんとかなぁ?

ま、それはそれとして。
発達障害で何もない所にぶつかってこけるってのは、注意力の問題が一因にあると思うんですが…

それ以外の人がこのパターンの行動に出る理由が分からない。
まぁ、ぶつかって終わりなんですけど。

でもね、だとしたら、ぶつかっただけでバランスを崩さないってさらにスゴいと思うんです。
多分何の気なしにやってるとは思いますけど。

そしてそして、それを何事もなかったようにスルー出来るらしいってこと。
いやぁ、とてもじゃないけど私には無理。

これがいわゆる突破力の一つ?
うむ、研究の余地がありそうな感じですね。

ついでに言うと、自分の目標や目的のためなら多少ワガママ通しちゃうってのはなんなんですかね?
大体通勤なら、駆け込み乗車のタイミングだと思うんですが。
そこまでして一本前に乗りたいか?と思うし、人混み嫌いな私には信じられない…。
自分のいる所が少しずつ混んじゃうのは良いんです、別に。
ただ、自ら突破口を開くべく飛び込める勇気も度胸もないなぁという話。

こちらも研究を深めるには面白そうな感じですね。
[PR]
by juncoism | 2011-11-14 08:32 | juncoism

しないんじゃなくてできないんですよ

お久しぶりです。
仕事を始めて3ヶ月、無事トライアルを突破しました。
振り返り面談は死にそうなくらい緊張したけど。

色々思うこともありました。
支援のこと、働き方、人間関係など。
母が鬱を再発して大騒ぎになったり、気管支炎で1ヶ月のたうち回ったり。

今度こそ色々頑張らなきゃと思ってたのだけど、相変わらず苦手なことが…。

そう、色恋の話。

私にとって、色恋は縁がないと思い込んでいることの一つです。
自分はあれもダメ、これもダメと診断前から考えていたのです、そもそも。
それに拍車をかけたのは、診断に納得した瞬間でした。

一言で言えば、やっぱりな、みたいな感じ。

そして自分の恋愛なんて実るもんじゃないと思う気持ちが強まるばかりでした。
私が変だから、だから受け入れてなんか貰えない。
そんな要求はおこがましいとも。

周りに既婚者や子持ちがいるようになって、焦りがある反面、自分は一生縁がないと思ってるのも自覚はあります。
中途半端にその気持ちを恥ずかしいと思うが故、書き出すことが出来なかったのです。

誰のせいでもなく、自分の思考に腹が立っています。
自暴自棄にならないだけいいのかな〜とは思いますけど。

人間関係って難しいなぁ…。
[PR]
by juncoism | 2011-11-12 23:34 | juncoism

理想と現実with発達障害

またまたがっつり久々の更新です。

最近はやたらと暑いですねー。
なーんでこんなに暑いのか?ってくらい。

で、まぁ、それはともかく。
Twitterをさまよってたら、色々憤ってるツイートをちらほら見かけまして。
そんで気になったので、ちょっくら書いてみようかと思いまして。

理想と、現実with発達障害。

発達障害を伴うと、しばしば叶わないことが多く現れます。
それは本人の力が及ばないこともあるのだけど、不可抗力として、それが「やりたくても出来ない」というものがあると言うことです。

私の場合は就職活動でした。
新卒の時は、採用面接は1次止まり。
書類を通過しても、面接では緊張が度を越してか、泣き出すことが殆ど。
書類で上手くアピールできても、面接がその後を決めるのだから、上手く行くわけがありませんね。
稀に面接も最終まで行っても、結局本社での最終面接もダメだった・・・ということもありました。

↑これ、殆どの場合が感情のセルフコントロール機能の問題があるとか何とか。
もっと言うと、コミュニケーションをする際の感情のコントロールがちゃんと出来ない→社会人としての資質に満たない、と判断されるということです。
私の場合、これは脳障害というか、脳が苦手とする分野らしく、緊張も所謂「緊張しやすい」人の域を軽く超えています。

結局、新卒での就職活動をするのに精神面が持たず、断念せざるをえなくなりました。

卒業を3ヶ月延ばし、さらに1年経って、私はやっと長く働けそうなところに出会いました。
それが前職の空港勤務です。
しかし、正社員ではなく、アルバイトからのスタートで、しかも実際は派遣業みたいな所でした。
給料も高卒と同じ。
学歴不問といえば聞こえはいいけども、大学でて、そういう仕事しかしたことないのかと言われたとしても、何もいえませんでした。
結局1年半勤務して、リストラに遭い、退職という運びになりました。

私は派遣の働き方を否定しているのではありません。
ただ、発達障害のような変化に弱い障害がある場合、派遣での働き方はリスクが大きすぎるということです。
辞めて次が見つかるようなスキルもなく、ブランクばかりが増えていく私の「社会人」という時期には、派遣が合わなかったのでした。

さまよい続け、リストラされた自分と、リストラした会社を恨み、憎みました。
周囲が順調にキャリアを重ねていくのを見て、焦りもありましたし、嫉妬心ばかりがあふれかえっていました。

失業して1年が経過してから、私は思い切って(重い腰を上げて、とも言いますが)障害者手帳を取りました。
等級は3級、種別は精神科。
この頃はまだ発達障害が確定していたわけではなく、自分に1%でもより手を伸ばしやすい求人を増やす為というのが私の目的でしたし、主治医もそれを了解した上で、診断書(非定型精神病というジャンルです)とともに手帳取得に動いてくれました。

思うように就職活動が出来ず、さらに1年あまり経ちました。
結局、自分で発達障害の存在を突き止め、診断してくれる医師に話を聞いてもらうと、やはり発達障害だろう、とのこと。
正直厳密な症状の名前は知りません。
多分PDD-NOSだろう、くらいしか知らないけど、診断してくれた医師がはっきりと発達障害の疑いが濃厚だということを口にしてくれてから、私は不思議と自分を受け入れることが出来ました。
私自身、疑いがあっても、親や友人からは「そんなことないんじゃん?」の一点張りだったのが、どうも腑に落ち切れていなかったからかもしれません。

人前で泣くことも、感情が上手く整理できないのも。
空気が上手く読み切れてないのも、言葉の裏を読むのが出来ないのも。
何で自分だけ、と思う日々でした。
そして、それが面接で露呈するたび、今日もダメだった・・・と思い落ち込む日々。

やっと、その日々を耐え抜いて、今があります。
自分が何が出来て、何が出来ないのか・・・未だに分からないことだらけです。
でも、今はそれを伝えるのが私の仕事の一つであり、自分がいる理由でもあるとすら思えます。
仕事でどう成長していきたいかとかは、まだまだ先の話でも良いんだ、とも今は思いますし、多分そうだと思いたい。
環境次第で与えられたことを全うすることはできる、ということをきちんとアピールしたい。
仕事でどう成功するとかってのは、その先の話のはずだと思ってますからね。

ちょっと中途半端だけど、今日はこの辺で^^;。

ランキングに参加中です。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
[PR]
by juncoism | 2011-08-16 00:15 | juncoism

お久しぶりです

グダグダしてたら、あっという間に七月ですよ。
半年過ぎちゃってました・・・。
e0224395_1005038.jpg


それはともかく。
最近何してたかっていうと、就職活動でしたね。
うん、4月の頭にエントリーして、4月末に書類通過の話が来て、5月の中旬に1次面接して、6月頭に就労実習して、中旬になる少し前に最終面接して、6月20日前後に内定が出た!って感じです。
ちなみに、スタートは8月1日。

就労先は某IT系企業の特例子会社。
まぁ、勤務先が親会社のIT系企業なので、ほぼ障害者枠的な感じ。
あ、でも、SEじゃないですよ。
営業でもありません。
がっつり事務です(笑)。

でね、最近何してたかっていうと、実は夏服の仕事に使えそうなものの買出し(笑)。
後は靴とバッグ・・・かなぁ。
あ、でもでも、その辺はまたおいおい考えようと思ってます。

これから大事になるのは、多分勤務先で、「発達障害」とともに生きてる一人のサンプルを生身で見て頂きたいってことかな。
あわよくば、皆に発達障害に関しての知識をもっと持ってもらいたい・・・むふふ。
なんてね。
まだまだ先ですけど。

てか、節電の影響で、フロアを輪番閉鎖するらしく、火曜日がOFFになることに。
それはまぁ、いいとして・・・じいちゃんのあの美声が終日聞ける日に限ってOFFかよ!みたいな。笑
じいちゃん叫ぶんです、多分色々本人も訴えたいんだろうけど。
叫びすぎて、ばあちゃんに怒られたりもしてますが。
ゆっくりとは寝られないかな~。うん。

そんな感じで、暑くなったので、このエントリーはこの辺で。

ランキングに参加中です。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
[PR]
by juncoism | 2011-07-06 10:09 | juncoism

自己嫌悪

何がどうって。

人の立場に立ててなかった自分が嫌い。

傷つけたのは事実。
嫌われたかもしれない。

最近自分で地雷作りすぎだな。
最低な気持ち。

浮かれすぎ、頭の中おめでたすぎな自分。
嫌い。

消せるなら、消したい。
[PR]
by juncoism | 2011-06-22 00:29 | juncoism

ロイヤルウエディングと欧米の人物名の話

どうも。
今日は晴れ時々曇りくらいな天気かと思いきや、昼食買いに外でたら、何気に暑かったなぁ。

そんな5月も2日目。
今日はお休みの人もいれば、お仕事の人もいる。
イースター的に全部繋げちゃえば良いんでは・・・と思う私は、どんだけLazyな奴なんだろう。

それはともかく。
かつて住んでいたことのあるイギリスで、ロイヤルウエディングなるものがありましたね。
あの日は、たまたま日本も昭和の日ということで、テレビで生中継をしていて、視聴率もそこそこ取れたのか・・・な?と思っております。

ちなみに、私はダイアナさんが亡くなった時にリアルタイムでBBCをロンドンで見ていました。
国葬も現地のテレビで見たよなぁ。
あれから一転しての祝賀ムード。
うんうん、めでたい。

で、ケイトさんの呼び方についての疑問をちらほら伺うのですが、本名がキャサリンなのに?というのは確かに頷ける話ですよね。
日本だとニックネーム位なもんでしょうか・・・。
日本語は色々略すけど、名前だけは略さないですもんね。

ちなみに、このたびのキャサリン妃は、スペルに直すと、Catherineなんだそうですが、この名前にはもう一つのスペルがあって、Katherineとも書きます。

私の周りにも、本名は同じキャサリンさんでも、Catherineと書く人と、Katherineと書く人がそれぞれいて、Cathyになったり、Kathyになったり(いずれも読みはキャシー)、はたまたKateになったり、Katieになることも。
ややこしいんですが、大体身近な人がどの愛称を使うかで、浸透するものが変わってくるので、色んなバリエーションが考えられるのです。
ちなみに、モデルのケイト・モスさんも、Kateさんなので、多分本名はKatherine(あるいはCatherine)だと思います。

まぁ、欧米諸国独特の文化、かもしれませんね。

ちなみにちなみに、ウィリアム王子もWilliamですが、愛称になると・・・

Bill
Billy
Billie
Will
Willie
Willy

など。こんな感じです。
ちなみに、英国王室ではWillを採用しているみたいですね。

そして更に蛇足ですが、エリザベス女王 (Queen Elizabeth II) の場合。

Elize
Liz
Lisa
Eliza
Lizzy
Beth
Betsy
Betty

など。
もはやカオス・・・(苦笑)。
まぁ、名前のどこかを取っているので、比較的分かりやすいですけどね。

基本的に、アルファベット表記でのスペリングをした時に、長い名前の人が愛称で名前が変わってしまったかのようになるそうです。
ま、ヘンリー王子 (Henry)のように、短い人でも、Harryになりますが。
そう、あの名作Harry Potter seriesのHarryは本名はHenryなんですよ!

名前で印象がガラッと変わるので、中々ややこしいんですけどね。



ランキングに参加中です。ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不安神経症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
[PR]
by juncoism | 2011-05-02 15:48 | juncoism